富士山県

Language

観光情報

  1. トップ / 
  2. 観光情報一覧 / 
  3. きっと出会う、運命の1本。山梨・勝沼ワイナリーを巡る旅

★旅行レポ★お気に入りのワインを見つけに、お出かけしてみませんか?

新宿から電車で約2時間。山々に囲まれた山梨県・勝沼に到着します。一歩外に降りて目に飛び込んでくるのは、段々に広がるぶどう畑。勝沼には20以上のワイナリーがあり、試飲もできます。同じ品種でも生産地や醸造方法で味は全く異なり、飲み比べてみるとワインが持つ味の奥深さや違いに驚くことも。この地域のワイナリーは近くに集まっているので、日帰りでも充分楽しめると評判です。
今回は、富士山県/Fresh Tourが提供する山梨県のワイナリーツアー「ワイン好きによるワイン好きのためのワイナリー巡りの旅」を体験してきました。

勝沼ぶどう郷駅~グレイスワイン
  • 旅の始まりは駅から①
  • 旅の始まりは駅から①

    JR中央本線「勝沼ぶどう郷」は、小高い丘にちょこんとある駅です。車外の新鮮な空気が爽快で、ついついすぐに改札へ向かいそうになりますが、訪れた時はぜひ電車が過ぎ去るのを待ってみてください。線路向こうに出現する甲府盆地の町並み、そして町を見守るようにそびえる南アルプス山脈が見渡せ、素敵な旅の始まりを予感させてくれます。

  • 旅の始まりは駅から②
  • 旅の始まりは駅から②

    駅名に “ぶどう郷(きょう)” が登場するほど勝沼は全国でも有数のぶどう産地。なかでも “甲州” とよばれるピンク色の品種は日本固有のもので、甲州で造るワインは世界的にも人気。
    今回のツアーは、旅行会社がおすすめするワイナリーを3か所巡るという、“ワイン好きによるワイン好きのためのワイナリー巡りの旅” という名前がぴったりな内容です。

  • スマホに送られてくる”旅のしおり”
  • スマホに送られてくる”旅のしおり”

    移動手段は主に公共交通機関。地元でないと分かりにくいバス移動も、事前に詳細の地図や情報をスマートフォンに送ってもらえ、質問があればチャットでやりとりできます。希望すれば、バスの出発時間が近付くと知らせてくれるサービスも。

  • もしもの時に心強いサポートサービス①
  • もしもの時に心強いサポートサービス①

    “昼食場所は混み合うため、事前にお店を確認されるのがおすすめです。” というアドバイスを参考に、予定していた場所へ向かうと、まさかの臨時休業。

  • もしもの時に心強いサポートサービス②
  • もしもの時に心強いサポートサービス②

    オンラインコンシェルジュに連絡してみると、すぐに代案をもらえました。写真つきなので、事前にイメージが掴めるのも嬉しいポイントです。

外観から別世界の雰囲気漂う「グレイスワイン」①

外観から別世界の雰囲気漂う「グレイスワイン」①

アイビーの装飾が独特の雰囲気をつくる「グレイスワイン」。思わず写真を撮りたくなる重厚なたたずまいで、勝沼御三家のひとつといわれる実力派のワイナリーです。

  • グレイスワイン②
  • グレイスワイン②

    もともとは倉庫として使われていましたが、趣ある建物が評判となり、現在は2階にワインショップとティスティングカウンターを設置。開放感が感じられる空間に、人気が高い “グレイス甲州” はじめ10種類以上のワインが置かれています。

  • グレイスワイン③
  • グレイスワイン③

    カウンターでは、ほぼ全種類のワインが試飲できるのが魅力的。もしどれを飲めば良いのかわからなくても、アドバイザーの方がおすすめを教えてくれますよ。一番人気は、甲州を使って作られた “グレイス甲州”。海外にも輸出されていて、世界的にも評価されている白ワインです。さっぱりとした酸味が特徴で、すぅーっと体内に流れていくよう。

  • グレイスワイン④
  • グレイスワイン④

    グレイス甲州が気になったら、続いて飲みたいのが “グレイス茅ヶ岳(かやがたけ)”。グレイス甲州と同じぶどうを同じ醸造方法で作っていますが、唯一違うのが産地。寒暖差が激しい一帯で作られたぶどうは、一層爽やかさに磨きがかかった味わいです。

グレイスワイン⑤

グレイスワイン⑤

「日本のワインは繊細で、手間暇がかけられて作られています。それが味にも伝わっているので、海外でも今、日本ワインは人気なんですよ」と話すアドバイザーの金子さん。飲み比べが楽しくなるワインの解説は、思わず時間を忘れてしまうほどです。

  • グレイスワイン(中央葡萄酒)

    • グレイスワイン(中央葡萄酒)
    • 住所:山梨県甲州市勝沼町等々力173Google Map
      アクセス:タクシー(勝沼ぶどう郷駅から約10分)、路線バス(塩山駅から約30分、勝沼ぶどう郷駅から約40分)

      駐車場:あり(無料)/クレジットカード可/対応言語:日本語/荷物発送可/トイレあり/営業時間:9:00~16:30/定休日:年末年始/注意事項:クレジットカードは3,000円未満の場合ご利用いただけません。荷物発送は国内のみ対応可能。館内は飲食、ペット禁止。バリアフリー対応ではありませんので、ご了承ください。

グレイスワイン~ルミエール
  • ワイン以外の素敵な出会いも①
  • ワイン以外の素敵な出会いも①

    次々に違う味わいのワインと巡り合えるのがこのツアーの醍醐味ですが、魅力はそれ以外にも。
    ゆっくりと和やかな空気が流れる、勝沼。ふと横を見ると、笛吹川の支流のひとつ、日川(ひかわ)の光景に息をのみました。身近な自然を感じながらの移動に、身体と心が軽くなるのが感じられます。

  • ワイン以外の素敵な出会いも②
  • ワイン以外の素敵な出会いも②

    ブーンブンと歩道を移動するぶどう農家の作業車。収穫後の冬でも、次の収穫の準備が既に始まっているようです。

赤ワインとスパークリングに力を注ぐ「ルミエール」①

赤ワインとスパークリングに力を注ぐ「ルミエール」①

2番目のワイナリーは、レストラン “zelkova(ゼルコバ)” が隣接している「ルミエールワイナリー」。日本が明治時代に入り、文明開化の波が勢いを増す1885年に創業という老舗です。

  • ルミエール②
  • ルミエール②

    ワインはもちろん、地元の食材を使った山梨フレンチもこちらの自慢。ランチにはデザート付き5品のコースメニューが楽しめ、ディナーはさらに2種類のコースが加わります。名産の甲斐サーモンや富士山麓牛など、思わずワインを追加したくなるメイン料理です。

  • ルミエール③
  • ルミエール③

    フランス語で “光” という意味を持つように、明るい店内には赤や白、スパークリングなど様々なワインが並びます。豊富な品揃えに見ているだけでもわくわくしてきます。

ルミエール④

ルミエール④

こちらでは専用カードを購入し、好きなワインを自分で選びながら注ぐスタイル。量も3段階から選べます。まず試したいのが、ルミエールワイナリーの代表的存在である “光”。赤ワインと白ワインの両方があり、特に白は自社農園の甲州を使用。しっかりとした味わいで、飲みごたえ十分です。

ルミエール⑤

ルミエール⑤

白ワインより赤ワインの種類のほうが多いのも、勝沼では珍しいところ。特に明治時代の石造り発酵槽で醸造した “石蔵ワイン” を飲めるのは、こちらのワイナリーのみです。「前日まで受付ているワイナリー見学では、その石蔵発酵槽も見ることができますよ。試飲も可能で、味は石蔵独特のミネラル豊富な味わいが特徴です」と、ソムリエの石原さん(写真左)が優しく教えてくれました。

  • ルミエールワイナリー

    • ルミエールワイナリー
    • 住所:山梨県笛吹市一宮町南野呂624Google Map
      アクセス:タクシー(勝沼ぶどう郷駅から約10分)、路線バス(塩山駅から約30分、勝沼ぶどう郷駅から約40分)

      駐車場:あり(無料)/クレジットカード可/対応言語:日本語、英語、中国語/荷物発送可/トイレあり/平均予算:1,500円~/営業時間:9:30~17:30/定休日:年末年始(レストランのみ:1~3月は月曜日と火曜日が定休、4~8月と12月は火曜日が定休、9~11月は無休)/

ルミエール~勝沼醸造
甲州の可能性を追求する「勝沼醸造株式会社」①

甲州の可能性を追求する「勝沼醸造株式会社」①

最後のワイナリーは、まるでタイムスリップしたかのような歴史を感じる建物が目印。”甲州”という品種にこだわったワイン造りを続けている、「勝沼醸造」です。勝沼醸造のワインは、2008年よりボルドーへ輸出されている唯一のブランドで、G7伊勢志摩サミットやJAL国際線ファーストクラスで採用されてきているという情報が、移動中にコンシェルジュから入ります。期待に胸を膨らませ、のれんの向こうへ。

  • 勝沼醸造②
  • 勝沼醸造②

    趣のある蔵の中に入ると、ワイナリー独特の香りが漂います。スタッフの方へ一声かけてから、ワイン樽が整然と並んでいる部屋(写真左手)へ進み、2階のギャラリーへ。ワイングラスやデキャンタなど、ワインにまつわるコレクションがずらり。これから体験するワインの味へ、期待が高まります。

  • 勝沼醸造③
  • 勝沼醸造③

    1本1本がまさにアート作品のようなラベルのデザイン。ポルトガルで長年活動された芸術家・綿貫宏介さんによるもので、飲み終わった後も捨てずにとっておきたくなるボトルです。綿貫さんによると、勝沼醸造の醸造家の苗字である”アルガ(有賀)”は、ポルトガル語で”蔵”を意味する”アデガ”に発音が近く、ワインを造る宿命にある名前ということ。以来、勝沼醸造ではファーストブランドを”アルガブランカ”(ブランカ=白)と名付けています。

  • 勝沼醸造④
  • 勝沼醸造④

    こちらで試飲を希望する場合は、専用のカードを購入します。ここにも綿貫宏介さんのかわいいデザインが彩られ、持っているだけで気分が上がってきそうですね。

  • 勝沼醸造⑤
  • 勝沼醸造⑤

    テイスティングは、マシーンに向かって左から右の順番がおすすめ。まずは勝沼醸造の一番生産本数が多い銘柄”アルガブランカ クラレーザ”(クラレーザ=クリアな)をいただきます。勝沼醸造では、自社農園・契約農家から仕入れる様々な甲州ぶどうを畑ごとに個性を生かして原酒を造り、世界を代表するソムリエ・田崎真也さんが絶妙にアッサンブラージュ(ブレンド)されているそうです。同じ甲州でも畑が違うと味が変わるのですが、どのように違うかは、その時テイスティングマシーンの中にセットされているボトルから味わうことができます。ちなみに、辛口の最後に最高品質の”イセハラ”という銘柄で、単一畑”伊勢原”から収穫された甲州のみを使用しており、この日に味わえるのはラッキーとしか言えません!

勝沼醸造⑥

勝沼醸造⑥

勝沼醸造の甲州の特徴は、華やかで香り高い味わいに添えられる、瑞々しい酸味。スタッフの方のお話では、その日に飲み切らずとも翌日も美味しく楽しめるとのこと。”クラレーザ”は、甲州に特化したブランド”アルガブランカ”シリーズの中で最もお手頃(税抜2,000円)で、和食全般によく合うそうです。最高峰の”イセハラ”に関しては、最高に華やかで洗練された口当たりと深い味わいの余韻を楽しみつつ、1回300円という安価でいただけるのはワイナリーに来た時だけと聞いて、思わずもう1杯テイスティングしてしまいました。

  • 勝沼醸造⑦
  • 勝沼醸造⑦

    甲州で造られたワインを飲み比べてみると、“甲州” の品種そのものに興味がわいてくる方もいるそうです。こちらでは、甲州の葡萄果汁で造られた珍しい“白のグレープジュース” も販売しています。濃厚な甘さと程よい酸味のバランスが絶妙です。

勝沼醸造⑧

勝沼醸造⑧

今回は、事前予約のテイスティング体験でしたが、他にも人数限定のワイナリーツアーがあるそうです。専用のお部屋でのテイスティングや、実際に葡萄畑に行ったり、料理とワインのマリアージュについてのお話など、本当にワインが好きな方を魅入らせる盛りだくさんな内容を実施されているとのこと。4月になれば畑の葡萄の樹が芽吹き、9月はたわわに実った葡萄畑を見学できるそうですが、じっくりお話を聞きたいならワイナリーが忙しくない冬の時期がおすすめです。次回はゆったり予定を立て、ワイナリーツアーにも参加出来たらいいなと思いました。(写真はテラスから撮影した自社畑)

  • 勝沼醸造⑨
  • 勝沼醸造⑨

    勝沼醸造では、“コース料理をすべて白ワインで楽しめるようなワイン造りを” という創業以来の情熱が、今では世代を超えた企業文化になっており、しかも白ワインはすべて甲州で造るというこだわりです。その信念を実際に体験できるのが、ワイナリーから徒歩10分のところにある直営レストラン”風(かぜ)”。長崎の「大浦天主堂」をモチーフにした内装が特徴で、和牛ローストビーフにワサビと醤油で刺身のように甲州とのマリアージュを楽しむのがイチオシなんだとか。様々なタイプの甲州ワインを料理と一緒に味わえるため、記念日に利用する地元の方や、わざわざ県外からお越しになるワイン愛好家で賑わっているとのことです。

  • 旅の終わりは夕日と共に
  • 旅の終わりは夕日と共に

    約6時間の日帰りツアーもあっという間に終わり。出発地点の勝沼ぶどう郷駅に戻ると、穏やかな夕焼けに辺り一帯は包まれていました。ワイナリーを巡り、お気に入りの1本を見つける旅はまるで宝探しのよう。
    訪れた際は是非、一口含むごとに旅の思い出も蘇るような1本を探してみてはいかがでしょうか。

  • 勝沼醸造株式会社

    • 勝沼醸造株式会社
    • 住所:山梨県甲州市勝沼町下岩崎371Google Map
      アクセス:タクシー(勝沼ぶどう郷駅から約10分)、路線バス(塩山駅から約30分、勝沼ぶどう郷駅から約20分)+徒歩約10分

      駐車場:あり(無料)/Wi-Fiあり/クレジットカード可/対応言語:日本語、英語/荷物発送可/トイレあり/平均予算:1,500円~/営業時間:10:00~16:00/

このツアーに問い合わせる

【日帰り】路線バスの旅 - ワイン好きによるワイン好きのためのワイナリー巡り

【日帰り】路線バスの旅 - ワイン好きによるワイン好きのためのワイナリー巡り

関連ツアー

  • 【日帰り】名水の里、白州の地で酒蔵を巡るウォーキングツアー

    【日帰り】名水の里、白州の地で酒蔵を巡るウォーキングツアー

  • 【1泊2日】石和温泉でゆったり湯めぐり、甲州ワイナリーと塩山のお寺を訪ねる旅

    【1泊2日】石和温泉でゆったり湯めぐり、甲州ワイナリーと塩山のお寺を訪ねる旅

  • 【2泊3日】電車&バスで山梨周遊3日間の旅~富士山、伝統文化、グルメも満喫~

    【2泊3日】電車&バスで山梨周遊3日間の旅~富士山、伝統文化、グルメも満喫~

  • 【1泊2日】電車&バスで山梨周遊2日間の旅~富士山、伝統文化、酒蔵満喫~

    【1泊2日】電車&バスで山梨周遊2日間の旅~富士山、伝統文化、酒蔵満喫~